ビジョンがあると、ストレスに強くなる

ビジョンがあると、ストレスに強くなる

ビジョンがあると、ストレスに強くなります。

人によって、ストレス耐性は違いますよね。

ストレスは、あまり強すぎると、自分の力を発揮できなくなったりして、良いことではありません。
しかし、同じことであっても、人によって、その感じ方は違ってきます。

ビジョンがあると、ストレスにあっても、ビジョンがないときよりも、耐えることができます。

The Foot Bridge

なぜ、ビジョンがあると、ストレスに強くなるのでしょうか?

欲求が、ストレスに強くする。

脳は、欲求があると、ストレスに強くなるそうです。
欲しいモノ、手に入れたいこと。
そういうものがあれば、多少のストレスには耐えられるでしょう。

ビジョンは、未来に手に入れたいことです。
それは、「欲求」です。

ですから、ビジョンがあると、ストレスに強くなるのです。

少しぐらいの困難には耐えられる

だから、ビジョンがあると、少しぐらいの困難に耐えることはできます。

少しぐらい嫌なことがあって、ビジョンの実現のためであれば、あきらめることはないでしょう。

ビジョンは、万能ではないですが、こういう「効用」もあります。

ビジョンを持っていることのメリットの一つですね。

ビジョンがなくても良いけれども

ビジョンがなくても、衣食住が足りれば、人は生きていけるでしょう。

しかし、より良く生きたいとしたら、ビジョンがあったほうが、より良く生きれます。

多少の困難にあっても、凹まない。耐えられる。

そういう人のほうが、いろいろなことに挑戦することができるでしょう。
そうであれば、得られることも、いろいろとあるはずです。

少なくとも、様々な経験を得られるはずです。なぜなら、少しぐらいの困難であれば、やってみようと思うからです。

ビジョンがあると、いろいろと挑戦しようと思う

ビジョンがあれば、多少の困難でも、挑戦しようと思うわけです。

むずかしいからやめようと思うハードルが高くなります。

だから、いろいろと行動することで、経験が増えます。
そして、経験から学ぶことができれば、知識や知恵も増えるでしょう。

そうなれば、より良く生きやすくなる。

このようなわけで、ビジョンがあると、よりよく生きれるようになるわけです。

▼ビジョンやミッションを実現したい方は、ミッションやビジョン、アクションのワークのお申し込みよりどうぞ。
お申し込み
この方法で、90%以上の方が、ミッションを見つけたり、ビジョンを描くことができています。
▼よくわからないので相談したいという方、まずは、こちらのお試しコンサルティングから、お申し込みください。
お試しコンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加