うまくいかないときにミッション、ビジョンがあると良い理由とは?

パンテオン柱

なんでもうまくいく、いつも順調。

仕事や人生、そうだと良いですが、現実を見ると、そういうわけにも行かないでしょう。

失敗することもあるでしょうし、思ったように行かないこともあります。

ミッションやビジョンがあると、心の支えに

そんなときに、ミッションやビジョンがあると、心の支えになります。

ミッションは、使命で目的です。

例えば、仕事で思う通りに行かないときに、目的を思い出せば、なぜこの仕事をしているのか、どうしたら良いのかを考えるでしょう。

ビジョンは、未来のより良いイメージで、目標のようなものです。

うまくいかないときでも、こうなったら良いなと思えるようなことがあれば、動いていくモチベーションになります。

ミッションやビジョンがないと

逆に、ミッションやビジョンがないと、心の支えが二つないことになります。

うまくいかないときや失敗したときは辛いですよね。そんな辛いときほど、支えがあると、また前を向いてやっていこうと思えます。

だから、ミッションやビジョンがあると良いわけです。

▼ビジョンやミッションを実現したい方は、ミッションやビジョン、アクションのワークのお申し込みよりどうぞ。
お申し込み
この方法で、90%以上の方が、ミッションを見つけたり、ビジョンを描くことができています。
▼よくわからないので相談したいという方、まずは、こちらのお試しコンサルティングから、お申し込みください。
お試しコンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加