やりたいことができるなら、ビジョンもアクションプランもいらない、けれど

自分がやりたいことができるなら、ビジョンも、ミッションも、アクションプランもいらないと思います。

企業であれば、組織として、協力できるのであれば、なくても構わないでしょう。

方法や考え方は、そういう意味では、どういう方法でも良いと思います。

しかし、現実を見ると、やはり目標や目的、計画といったものは、必要でしょう。

はっきりしないことを実行に移すことができるというのは、意志や行動力がある人ができることで、怠け者だったり、意志が強くない人だと、なかなか思ったとおりにはできないということがあります。

チームも、どこへ向かうのかがわからなければ、まとまりがなく、バラバラで、協力するどころではないでしょう。

ビジョンも、ミッションも、アクションプランも、一つの方法、考え方だと思います。

なくても、周りとうまくできる、自分の思い通りに、楽しく過ごせる。

そういうことなら、必要ないと思います。

しかし、できないのであれば、試してみる価値はあります。

なぜなら、これまで、この方法で、多くの人が、やりたいことをできるようになったからです。

▼ビジョンやミッションを実現したい方は、ミッションやビジョン、アクションのワークのお申し込みよりどうぞ。
お申し込み
この方法で、90%以上の方が、ミッションを見つけたり、ビジョンを描くことができています。
▼よくわからないので相談したいという方、まずは、こちらのお試しコンサルティングから、お申し込みください。
お試しコンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加