ビジョンがなければどこに行きたいか、わからない

道

これまで、ビジョンのメリットやデメリットを書いてきました。

ビジョンがないことの「デメリット」について書きます。

ビジョンがないと、どこに進みたいか、わからない、わかりにくいということがあります。

ビジョンは、より良い未来のイメージということで、それがないということは、どこに向かいたいのか「目的地」がないということです。

そして、それは、自分にとっても、もちろんですが、他人にとっても、同じ事になります。

自分がどこに向かいたいのかわからなければ、他人はその人がどこに向かいたいのかわかりません。

そうなると、協力することはなかなかむずかしいでしょう。

何をしたいかわからない人とは、何を協力したら良いかは、わからないと思います。

ビジョンがなければ、自分も周りも何をしたいかわからないので、なかなか何かを達成することはむずかしいでしょう。

ビジョンがなければ、どこに向かいたいかわからないので、進めないし、周りも協力しにくいということです。

▼ビジョンやミッションを実現したい方は、ミッションやビジョン、アクションのワークのお申し込みよりどうぞ。
お申し込み
この方法で、90%以上の方が、ミッションを見つけたり、ビジョンを描くことができています。
▼よくわからないので相談したいという方、まずは、こちらのお試しコンサルティングから、お申し込みください。
お試しコンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加