ビジョンのデメリット

ビジョンにもデメリットはあります。

いくつかあります。

ビジョンが実現しないのは、嫌だと思って、動けなくなる
一度決めたら、変えてはいけないのではないかと思ってしまう
こだわりすぎて、周りが見えなくなる

他にもあるかもしれません。

しかし、どれも、もっと柔軟性を持てば良いということでもあります。

ビジョンがあるから、上のようなデメリットがあるという面はありますが、ビジョンがなければ、得られることが得られないということにもなります。

まずは、ビジョンを描いてみて、どうもしっくりこないということであれば、別のことを考えてみるのが良いでしょう。

もしくは、ビジョンがなくても良いという人もいると思います。

それもありだと思います。

しかし、一度も描いたこともなく、なくて良いというのはもったいないでしょう。

柔軟性を持ちながら、ビジョンを描いてみる。

そこから、ビジョンを持つことのメリット、デメリットを考えてみたいものです。

▼ビジョンやミッションを実現したい方は、ミッションやビジョン、アクションのワークのお申し込みよりどうぞ。
お申し込み
この方法で、90%以上の方が、ミッションを見つけたり、ビジョンを描くことができています。
▼よくわからないので相談したいという方、まずは、こちらのお試しコンサルティングから、お申し込みください。
お試しコンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加