2011年を振り返り、2012年を考える