ビジョンやミッションが、つらいときの支えになる

つらいとき、うまくいっていないときなどに、ビジョンやミッションがあると、支えの一つになります。

いつもうまくいくと良いのですが、うまくいかないときもあるでしょう。

そういうときには、何か支えがあると、その間、何とかがんばって、耐えることができます。

それは、言葉であったり、友人だったりするかもしれません。

ビジョンやミッションも、そういう支えの一つになります。

つらいときの支えになるわけです。

支えが増えると、何かに耐えるときに、忍耐力が上がります。

ビジョンやミッションを持っている人や企業が強く見えるのは、こういう理由もあるわけです。

▼ビジョンやミッションを実現したい方は、ミッションやビジョン、アクションのワークのお申し込みよりどうぞ。
お申し込み
この方法で、90%以上の方が、ミッションを見つけたり、ビジョンを描くことができています。
▼よくわからないので相談したいという方、まずは、こちらのお試しコンサルティングから、お申し込みください。
お試しコンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加